ネイルサロン開業に必要である資格

ネイルサロン(価格だけでなく、総合的に情報を集めて判断したいものです)を開業する場合、絶対にネイル関係の資格を取得していなければいけないと言ったことはないでしょうが、美容(近頃では、女性だけでなく、男性でも意識している方が増えてきています)師免許は持っておいたほうが良いでしょう。
ただ、如何しても専門的な知識が必要になりますから、高度な技術力も要求されるでしょう。
出来ればネイリスト(特定非営利活動法人日本ネイリスト協会が考案した呼び方で、世界的にはマニキュアリストやネイルテクニシャンと呼んでいるのだとか)技能検定試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)の合格を目指してみてはどうでしょう?。
「経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)はありますが資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)はないでしょう」という人より、「経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)も資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)もあるはずです」と言う方の人が信頼可能ですね。
ネイリスト(民間資格はあるものの、国家資格、公的な資格はありません。つまり、誰でも名乗るのは自由なのです)技能検定試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)には初級・上級試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)が用意されていますが、上級を受験する為には初級に合格している必要があるので、まずは初級合格を目指して下さい。
基本的なネイルケア(キューティクルとも呼ねれる甘皮をぎゅっとプッシャーで押しましょう。専用のニッパーでカットしたり、リムーバーやオイルを使うとよりキレイにケアできるはずです)は当然として、爪の構造やトラブルなどについての基礎知識を持っているかどうかが証明されます。
実技の試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)もあるため、独学(最も費用の掛からない方法ですが、強い意思が必要とされます)だけで合格することはむずかしいになるでしょう。
独学(周囲の人のペースに合わせる必要はありませんが、継続するには強い意志が必要となります)でネイリスト(ネイルケアやネイルアートを行う職業人のことをいいます)技能検定試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)を受けようと思っていますからあれば、最低でも参考書(口コミなどで評判のよいものの中から、実際に自分の目で確かめて、相性のいいものを選ぶといいですね)籍などを購入する形かも知れませんね。
サロン開業を目指している人を対象にしているスクール(生徒間の雰囲気も大切ですよね。あまりにも一人だけ浮いていると、通うのがつらくなってしまいます)もありますから、そういったところに通いながら学ぶのもオススメでしょう。
資格をとるために必ず学校に通わなければならないと言うわけでもないでしょう。
現場で働きながらサロン開業に必要である知識を学ぶという方法もありますね。
近頃は通信講座(ネットを利用するものも増えて、ますます学びやすくなっていますね)で学ぶ人も増えつつあるんです。
時間がなくてもあなたのペースで勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)を進める事ができるため、サロン開業の為に修行(山にこもったり、雑用をこなしたり、色々なやり方があります)をしながら通信講座(学ぶ内容は様々で学業に関するものから、資格の取得、趣味的なものまで幅広い講座が?多く提供されています)を利用し勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)も進めていくようにすると良いですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事