サロン開業の目的

サロン開業といった夢があるためあれば、どこを目標とし、自分が起業をする目的は何なのか考慮しておくといいかもしれません。
自分で起業しなくても、それだけ野が好きですのであれば、従業員として就職すると言った選択肢もありますね。
とは言ってもそうではなく、あえて危険性が高いサロン開業といった道を選択する必要があるのか考えなくてはいけませんよね。
オーナーになるということは、従業員以上に?ある点に気を使ったり、考えたりする必要が生じます。
それを乗り越えてでも起業する覚悟はあるのか、自分自身に問いかけることも重要となってくるでしょう。
ただ単に、「なぜもいいから開業したい」「人気が高くそうだからサロンでいいか」と言った考え方だと、まず間違いなく失敗してしまうと言えますよね。
むしろ「好きだから」と言う一言で成功可能な程甘くもません。
プロに起業の相談をするとしても、まず始めに目的を明確にしなけれねダメなのです。
通常、セミナー(専門性の高い講義を少人?の生徒を対象にして行うことをいいますが、必ずしも少人?ではないこともあります)などもかもしれませんねが、最初は目的を決めるになるんです。
そして、「そこに辿りつくにはどういったことをすればよいのか」「どういうサービスを提供すればよいのか」と言う流れで考えることが多いでしょう。
目的や目標は、「売上は月に○万円以上」とか「○年以内に店舗(たくさんの商品の中から、好きなものを選んで買うというのが買い物の楽しさでもありますが、最近では通えるところにお店がない買い物難民も増えているそうです)を○つ増やす」などの事でも構わないでしょう。
明確な目標を決めておく方がやる気(自分なりの儀式を決め、自己暗示をかけるのも、やる気を出すための有効な方法だといわれています)UPに通じるに限ったことではなく、どうすればよいのかを具体的に考える近道になるといえます。
誰かに相談するとしても、どこを最初のゴールとするのかを具体的に伝えることが出来れば、協力の仕方もイメージしてもらえますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事