ネイルサロン開業に必要な道具

ネイルサロン(接着剤による皮膚トラブルや爪に対するダメージに配慮しているちゃんとしたところを選びたいですね)を開業しようと思っている場合は、非常にいろいろな種類の道具を揃えなくてはなりません。
1つひとつの道具に掛かる金額は大きなものではないのですが、ネイルカラー(爪の裏側と先端にも塗ることではがれにくくなるのだとか)だけでなく、ジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)のセットやフットケアセットもあるといいかもしれませんね。
当り前ですが、はじめから全てに手をつけてしまうと失敗してしまった時に大変なので、まず最初に基本的な道具を揃える事から始めるといいでしょう。
小物類が多くなりますから、お客さんを待たせずに必要な物が探せるように整理整頓する事を目的としているケースや棚が沢山のお店で取り入れられていると思います。
道具を考える際には、実際にネイルアートを行っている人の技量に合うものを用意しなければならないのです。
あなたの技量のみならず、一緒に働くスタッフの技量も正しく理解し、それぞれが使いこなせる範囲の道具を用意するといいですね。
意外に忘れがちなのが照明関係です。
お客さんを前にして作業を行う事が多くなるわけですが、部屋の照明だけだと如何しても手元が暗くなってしまうみたいです。
ネイルサロン(知識や技術が不十分な個人サロンなどでやってもらうと、カビてしまうといったトラブルが起こることもあります)を開業する上で、照明器具は拘って選んだほうがい(口の中の洗浄と喉の洗浄を行う二種類あります)い道具のひとつですよね。
ただ単に明るいものを選んであっても、お客さんの手が熱くなってしまうりしたら大変だと思います。
ネイルサロン(価格だけでなく、総合的に情報を集めて判断したいものです)開業が実現してから気付く事もあるはずです。
かと言って、友達などを呼んで、試しに何人かネイルアート(最近では自分でする、お友達にやってあげるという方も少なくないようです)してあげるのみでも、他にどのような道具があったほうがよいのか気付く事が出来るはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事