エステサロン開業に必要である資格

エステ(このように略すのは、日本だけなんだとか。たかの友梨ビューティクリニック、ミス・パリ、エルセーヌなどが大手として有名ですね)サロン開業をする事になったら、どのような資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)が必要となってくるのでしょう?
実は、エステを開始するのにあたって、絶対に取得しておかなければならない資格と言うのはないでしょう。
無資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)でも始める事が可能な為、比較的起業しやすいともいえますね。
ただ、全く経験がなくて資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)もないとなると、お客さんも不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)だといえるのではないでしょうか。
「どのような経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)があるんですか?」と質問された際に、何もないと答えてしまうと、別のお店に移られてしまう可能性もあるのですよね。
自分がどの種類のエステ(同じ会社のチェーンでも、店舗によって接客や技術力に違いがあるといわれています)サロンを開業しようと思っているのかによっても違いますが、認定エステティシャン(お肌のお手入れはもちろん、脱毛や痩身など、美容に関する専門的な知識と技術力が必要な職業ですね)なんかも人気のある資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)です。
これは日本エステ(エステティックが正式名称で、フランス発祥です。痩身や脱毛、美白などの美容に関する全般的な技術を提供する民間施設です)ティック協会が開催している資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)に合格した人に与えられる称号で、エステ(同じ会社のチェーンでも、店舗によって接客や技術力に違いがあるといわれています)界での認知度も高いとされているのです。
肌などに関する基本的な知識を装着していることが証明されるので、サロンを開業する際の強みにすることができるでしょう。
資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)の取得を考慮していありませんのであれば、既にエステ(エステティックが正式名称で、フランス発祥です。痩身や脱毛、美白などの美容に関する全般的な技術を提供する民間施設です)を起業される人のところへ行き、修行をする方法もあるでしょう。
お客さん1人1人に合わせた施術を提供してくれている必要がありますので、経験豊富な人から学ぶようにするといいでしょう。
修行(どんな心構えで行うかで成果が違ってくるでしょう)が終わり一人前だと認められたら修行(山にこもったり、雑用をこなしたり、色々なやり方があります)完了の証明書を発行してくれるところを選択したほうがいいです。
こうして得た証明書をサロンの見える位置に飾っておくと、資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)についてのお客さんの不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)を取り除く事ができて、安心して施術を受けてもらえることも可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事