アロマサロン開業に必要である資格

アロマサロン(コースはその店舗によって畭なりますが、価格はある程度に通っていることが多いもの)を開業しようと思っている場合、必ずしも資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)がなければ始められないというわけではありません。
とはいえ、日本アロマ環境協会が認定しているアロマセラピストの資格を得ておくことをオススメします。
やっぱり、専門的な知識が必要になる仕事でもありますから、しっかり勉強した人に担当してもらったほうがお客さんも安心のだとか。
この資格を取るためには、先にアロマテラピーアドバイザーの資格を取得しなければなりません。
エステ(同じ会社のチェーンでも、店舗によって接客や技術力に違いがあるといわれています)と同様の知識が必要となってくると思っている人もいるみたいですが、学ぶべき内容は全く畭なったものと思いますよ。
エステは、外側から身体を癒したり変化させるのに対して、アロマは内側からストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)を取り去ったり、心境の変化を与えるためのと言われているのです。
多くの方が、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)に悩んでいると思います。
アロマは、そんな人たちを救うことが可能なものでもある為、非常にやりがいを感じる事が可能です。
しかし、その人に合うであろうものを適当に選んだったとしても、お客さんが求めているような効果はえられないだといえます。
やはりアロマサロン(最近では、子供連れで行けたり、男性でも行けるところもあるそうです)を開業したいのであれば、専門の知識を学んだほうがいいかもしれません。
「私は知識があるんです」と口で言っても証明するものが無いので、資格を取ると言った選択肢も考える方が良いですね。
嗅ぎ分けなども出題されるこの資格は、香りについての深い認識(柔軟に変化させられることがいいといわれることもあります)が求められると言われているのです。
アロマサロンを開業行う事は、アロマに関する知識だけでなく、経営に関する知識も学んでいく必要があるといわれているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事