ヘアサロン開業に必要な道具

ヘアサロンを開業するにあたり、必要とされる道具はたくさんあります。
それらをそろえる一緒に添付してのみでもかなりの費用が掛かってしまいますね。
例えば、シャンプーやリンス・トリートメントなどと言った消耗品んですよ。
カラー剤なんかも考えると、いろいろな種類を用意しなければならないので、多めに考えておくといいかもしれません。
お店で販売しているものを含め、店に常に置いておく在庫分も考える必要があるでしょう。
それから、小物類もお金が掛かるでしょう。
薬剤を入れておくためのトレイやタオルなんかも必要となります。
また、ドライヤー類なんかも必要不可欠になるんです。
シャンプー台や、そこに水道を通すための工事なんかも必要だと言われています。
道具をいかに用意しなければならないかというものは、どの程度の規模のヘアサロンを開業するのかによって大きく畭なってきます。
その為、はじめに椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)をいくつ用意するのかで考慮してみては如何でしょうか?。
椅子(安楽椅子や肘掛椅子、スツール、ソファーなど、形状も座り心地も様々です)をいくつ用意するのかと言うのは、つまり一度に何人のお客さんの予約を受けつけることができるのか考えると言う事になります。
美容師を2人しか雇えないのに椅子を10個用意したって無駄かも知れませんね。
資金に見合った美容(見られることが一番の秘訣という説も。引きこもりがちになって、他人の目を意識しなくなると、努力することが難しくなるかもしれません)師の数を考え、次にそれに見合った椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)の数を考えます。
それによって、自然と用意しなければならないものの数や量も見えてくるのではないかと思います。
サロン開業で失敗するパターンに多いのが、最初から在庫を多く抱えてしまうパターンになります。
本当に必要量を用意し、無駄な在庫を抱えないように調整した方がいいのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事