サロン開業と周囲の協力

サロン開業をするにあたって、家族や周囲の全面的な協力を受けながら始めることが出来る場合と、反対を押し切って始める可能性もあるのです。
当たり前ですが、全面的に協力してもらえたほうが始めやすいみたいですね。
これは体力的な問題だけではなく、精神的な問題でもあるんです。
例えば、旦那さんに「オレは協力しない、勝手にやってくれ」と言った態度を取られてしまった場合、言われた通りに勝手にやってしまうのではなく、協力をお願いしたほうがいいはずです。
確かに、サロン開業と言うのは大きな賭け事でもあるでしょう。
成功すれば多?ある資産を残せるかもしれませんが、失敗すれば沢山の借金を背負いしまうことも考えられます。
周りで反対する人の多くが、失敗した時のあなたを心配して言ってくれているものです。
ただ単に事業に失敗した時のことに限ったことではなく、「家のことが疎かになるのではないか」「子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)と接する時間がなくなるのではないか」など、何らかの不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)があって反対している事が多いです。
その為に、とりあえずは何に問題があって反対をしているのか、きちんと話し合う場を持つ事が重要なのです。
相手が問題に思っている事を知り、それにはどう対応するのかなどを伝えることで協力が得られることもおおいかもしれません。
仮に全面的に協力してくれる事はない場合でも、疲れた時に話を聞いてくれたり、家事を手助けしてもらうだけでも随分畭なってくるでしょう。
貴方の意志のみを通じてサロン開業をすると、あとからトラブルになったりする可能性が高いのです。
なるべく協力してもらうことのできるように考えるといいかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事