母子家庭の助成金をもらう

母子家庭のシングルマザーをサポートする助成金ということで児童扶養手当が用意されています。シングルマザーの児童の日々の生活をサポートしてくれる仕組みで、役所にて申し込むことでもらうことができます。原則的には月当たり四万程が支払われますが、申し出ないと受け取ることができないので、まだ届けていない時は、きちっと申請するようにしましょう。子供が18才の誕生日を迎えて次の三月末まで受給でき、児童手当などと同じく子に対して用意されている手当てになります。日々の暮らしを維持をしていくために、子供の成長環境を準備する補助になります。


子が低年齢の両者が離婚になった場合では母親が親権を所有することが多数だったので、母子家庭は普通だったのですが、シングルファザーというような言葉もこの頃は馴染みがでたきました。びっくりしたことにこれまで児童扶養手当を受け取ることができるのは母子家庭のみで、父子家庭には支払われませんでした。平成22年になり、シングルファザーもシングルマザーと同じく助けが必要であると認定され、児童扶養手当を受給できるように法改正されました。児童扶養手当については子に提供されている補助金なので、やっと公正な在り方になったといえるでしょう。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事